2017-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3D映像

先週お休みを頂いた時に、天保山へ行ってきました。

海遊館で和み、時間があったのでとなりの

サントリーミュージアム天保山へ映画を見てきました。

『ハッブル3D』宇宙空間にある望遠鏡の映画です。

なかでも、ハッブルの映し出す映像はとても鮮明で、迫力があり、

今年一番感動しました。よかったです!

従来の2Dではなく、3D映像で見れて感激でした。

是非みなさんも機会があれば、足を運んでみてください。

京都本社 山崎

0325hubble3d_20100517132246.jpg


スポンサーサイト

レンタルDVD

最近よく家でDVDを見ます。

我儘な私は 

「タバコが吸えない」 

「腰が痛い」 

「自分の好きなように好きなだけ見たい」

などの理由で、もう20年以上映画館で映画を見たことがなく
もっぱら家で タバコを片手に、コーヒーを脇にのんびりと映画鑑賞を楽しんでおります。

ある日レンタルDVD屋さんをうろうろ歩いていると、1本のDVDが目に入りました。

『裁判員制度』

まさに裁判員制度が始まる数日前。

また 以前より裁判関係の映画に多少興味があった私は

無料レンタルになっていたこともあり

迷わずそのDVDを借りました。


映画の内容はというと 派手なトリックがあるでもなく、

土壇場の大どんでん返しがある訳でもなくたんたんと

ある傷害事件の裁判の進行が描かれていました。

ほとんど先の読めるストーリーでどきどきワクワクすることは無かったのですが、

時期が時期だけに裁判員がどのように選出されどのように裁判が進行していき、

何に従って刑が決まるのかなどがわかりやすく説明されており

非常に興味深く見ることができました。


『裁判員制度』 皆様はどのように思われますか?

私個人としては、まだ実際に裁判員が参加した裁判が行われていないこともあり

制度自体の良し悪しはわかりませんが、この制度が決まって以来

「死刑の是非を問う番組」が放送されたり「冤罪に関する報道」が増えたり・・・。

人を裁くことはごく一部の限られた人の仕事であり

全く自分には無関係であると思っていたことを急に身近なこととして

真剣に考える機会が増えたことに関しては

とても意義があったのではないかと思います。



『・・・もし選ばれたら』 


他人の人生を大きく左右することであり

私自身法律の知識があるわけでもないので簡単に正しい判断がくだせる

とは思えませんが、このような制度ができた以上は、

選ばれたときには、自分の価値観や良心・正義にもとづいて

素直で柔軟な心で望みたいと思っています。


京都本社 今井 一郎


『自己紹介+』

はじめまして。いきなりですが、フジタの室名札を
意外なところで発見したのでお伝えしたいと思います。
今テレビで『ROOKIES』というドラマがやっています。
マンガを原作にしたドラマで、内容を簡単にいうと高校野球を通した青春ドラマです。
私はこの漫画が好きで漫画も持っているのですが、
今ドラマもやっていていい機会なので読み返してみようと思い、読み返したところ…
なんとフジタの室名札、キャッチアイプレートが描かれているのです。
それも一回ではなく何十回も。本当に驚きました。
街では何回かフジタの商品を見たことがあるのですが、
まさかマンガの中にまで出てくるとは思いもしなかったので。
さすが『室名札のトップメーカー。』です。
1回こういう発見があると、まだあるんじゃないかと思い、気になりだしてしまいます。
いまからマンガ喫茶にでも行って、マンガを読みあさろうと思います。
ウソです。(笑)

では改めて自己紹介をしたいと思います。名前はカナモリユウスケ、原稿を担当しています。
最近のマイブームは日本の紋様です。誠に勝手ですが、少し私のマイブームのお話をしたいと思います。
日本の紋様に興味を持ったのは戦国時代の武将、織田信長が大好きだからです。
なぜ織田信長で紋様?と思うかもしれないですが、理由は一つで何かというと『家紋』です。
織田信長の家紋『木瓜紋』がかっこよかったからです。戦国時代が好きな方は家紋に
興味を持ってみてはいかがでしょうか。何か感じるものがあると思います。
その後、いろんな武将の家紋を見るようになり、そして今は日本の紋章にはまっています。
紋章は何が魅力かというとデザイン性の高さ、バリエーションの豊富さです。
例えば梅の紋章があったとしたら、梅一つで60種類以上の紋章があります。
このバリエーションの多さがわたしのような、デザイナーのハシクレのハシクレには
とても勉強になります。一つのものを作るときどうやって変化をつけるか、
どうやってより多くの種類をつくるか、この紋章というものに興味を持てたおかげで
一つレベルアップできたような気がします。こういう一見なんでもないようなものでも
ちょっと興味を持って見てみると、意外な発見があるんだなと思う今日この頃です。


おわり




京都本社   金森祐介

«  | ホーム |  »

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:株式会社フジタスタッフ
株式会社フジタのスタッフが作成しています

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (1323)
(5)
フジタ新着情報 (17)
ブリッジワン (21)
映画・テレビ (3)
室名札 (27)
新着情報 (2)
日記・コラム・つぶやき (345)
FAQ (3)
展示会 (4)
現場物件 (4)
社名板 (8)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。