2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マザー牧場 2


_IGP2220.jpg
マザー牧場で初めてジンギスカンを食べました(ง `ω´)ง
野菜もモリモリ食べれて、秘伝のタレも美味しく
雄大な景色を眺めながら食べれて最高です!
牛肉と混ざっていてどれがジンギスカンかはわかりませんでしたが☆ミ

盛り付けに関しては、手順が書いてあるので真似をしていただければ
写真の様に残念なことにはなりません!!
天候が変わりやすいので、屋外で食べる際には注意してください^^;
(私のときは急に雨が振ってきました)

_IGP2264.jpg

ホルスタインの起源は
ドイツのシュレスヴィヒ=ホルスタイン州だそうです。
また、日本では乳牛として欧州は肉乳両方の目的として飼育されていて
乳量は年間で、5,000L以上10,000Lを超えることも
珍しくないどうです( ˘•ω•˘ ).。oஇ 想像できません
年間で20,000L以上もお乳を出す牛は「スーパーカウ」と呼ばれ
日本では毎年100頭前後が報告されているそうです。
どんだけ、大きい牛なんだ…!!?

_IGP2253.jpg
お触りOKだなんて・・・勝手に触っているだけです
ちょっと柔らかくした、たわしみたいな感じでした♡

日本の多くはアメリカから輸入しているため、乳生産を重視した
大型化したホルスタインが多いそうです。


_IGP2240.jpg
ニュージーランドに行ったときは、日本の牛のイメージとは異なり
ひろーーーい敷地に放し飼いなので人を警戒し近づくと逃げて行きました。
マザー牧場の牛達は逃げることも近づいても来ません!

あれこれ写真を撮っている間に、乳搾りの体験の時間が来たので体験をしました。
普段飲んでいる牛乳って何でできているのだろうか、疑問に思ったりしませんか?


あまり、疑問に思ったりしませんよね |ω・)
調べてみたのですが、栄養素が乳房へ運ばれ乳腺細胞とういうところへ
栄養素を運び、その乳腺細胞が栄養素を取り込んで牛乳の成分を作り出すそうです。
ざっくりとした解説ですので興味がわいた方は調べてみて下さい!
しかし、草にそんな栄養があるようには思いません、、、

話しは変わりますが、ここでは様々な生き物と出会えます☆

マザー牧場で活躍している牧羊犬
_IGP2390.jpg
ベイブを観たことのある人は、なんとなく牧羊犬の役割を知っているかと思います。
働いている姿をみれるとのことなので時間を調べてショーを
鑑賞してみてはいかがでしょうか?

_IGP2363.jpg
アルパカ
ここのアルパカは意識が高く、同じところでしかおトイレをしません!


思い返してブログを書いているうちに、もう一度行きたくなりました(><;)
涼しくなってきたので皆さんもどうでしょうか?!

最後まで読んで下さってありがとうございました。

+ーーーーーーーーーーーー+
   東京支店  石関

«  | ホーム |  »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

株式会社フジタスタッフ

Author:株式会社フジタスタッフ
株式会社フジタのスタッフが作成しています

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (1323)
(5)
フジタ新着情報 (17)
ブリッジワン (21)
映画・テレビ (3)
室名札 (27)
新着情報 (2)
日記・コラム・つぶやき (345)
FAQ (3)
展示会 (4)
現場物件 (4)
社名板 (8)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。