2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして

はじめまして、私今年三月からフジタに入社いたしました菊地洋輔と申します。生まれは宮城県仙台市、2歳で上京、以来20年以上東京都の西の端の端 八王子に住んでいます。

早いもので私がフジタ入社し三ヶ月が経過しました、毎日自分のつかえなさを痛感しつつ昨日よりは今日、今日より明日少しずつでも成長できるように心がけ働いております。入った頃よりは成長しているでしょうか社長? さぁ今度の仕事はブログ・・・こういったものを書くのは非常に苦手なのですが、がんばって書かせていただきます。実はなにを書こうか悩んでいるうちに締め切りまで後一日『今日は書けるまで帰るなよ』と社長の言葉をいただき、泣きながらキーボードを叩いています。散々考えたのですが人間楽しい事に対しては饒舌になるもの、ということで私の休日の過ごし方について、休日はほとんど外にいることが多く友達が5人も集まれば車を出してドライブというのがお決まりとなっており先週は 友人Aの『いやー先週仕事しんどくて疲れたわー。』の一言で山梨のはやぶさ温泉というところに行ってきました。(山が近いので観光地、温泉地が割と近いのが八王子最大の魅力だと思っています)そこはどう見ても日帰り温泉ではなく、堂々とした旧家の個人邸宅風。 老舗旅館だと言われたらいっそしっくりくるかもしれないそんなたたずまい、さらに玄関前まで行くと、狭いながらも見事な庭が見えた。綺麗に手入れされていて思わずみんなで『はぁー』という間抜けな声をあげてしまいました。 はやぶさ温泉は笛吹川沿いで(たぶん)日帰り温泉、玄関脇には飲泉所が設けられ、館内ではペットボトルに詰めた源泉も販売していました。 直接飲むのはもちろんのこと、常連っぽい方などは水出し茶のパックを入れてそのまま緑茶にしてしまうほど。また、はやぶさ温泉の大広間で供される料理にも源泉が使われているとのこと。とっても気持ちよくリラックスできたのですが一点気がかりが・・・玄関前の重厚な雰囲気とは裏腹に、はやぶさ温泉の受付はやまもりの野菜に囲まれていたこと。(このミスマッチさに友人一同大爆笑)
このように毎週行く場所は違えどやっていることは毎週同じ、ノリと勢いに任せ、友人と馬鹿騒ぎ、これが私の休日の過ごし方です。これも仕事が忙しかったと思える週の週末の方が楽しめていると思います、だからこそONとOFFの切り替えが大事ということも身にしみて感じております、今後も休日を楽しむ為に平日がんばり、平日をがんばるために休日を楽しみ、相互にいい影響を与えられるようにしたいと思っております。
明日からもがんばります。

東京支店 菊地洋輔

«  | ホーム |  »

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

Author:株式会社フジタスタッフ
株式会社フジタのスタッフが作成しています

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (1323)
(5)
フジタ新着情報 (17)
ブリッジワン (21)
映画・テレビ (3)
室名札 (27)
新着情報 (2)
日記・コラム・つぶやき (345)
FAQ (3)
展示会 (4)
現場物件 (4)
社名板 (8)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。